CDR(Crash Data Retrieval)

ボッシュのCDRはEDR読み出しおよびイメージング技術において世界をリードしています。

ボッシュのCDRは、EDR読み出しとイメージングについて、アメリカ内外の法執行機関、事故調査員、自動車メーカー、保険会社、フリート、および政府機関から2000年以来高い信頼を得ています。

クラッシュデータを記録するEDR(イベントデータレコーダー)は、今日、走行している多くの車両に導入されています。 EDRは、エアバッグまたは他の車両安全システムの代表的な機能です。 CDRは、車両のEDRに保存されたデータを読み出し、クラッシュ情報をCDRレポートの形で出力します。

ボッシュは、複数の自動車メーカーからの 重大な車両クラッシュのEDRデータにアクセスできる 市販のツールを提供する唯一の会社です。


CDRとは...Crash Data Retrieval(クラッシュ データ リトリーバル)の略称で、 自動車衝突事故時のクラッシュデータ(衝突情報)を記録するEDR(イベント データ レコーダー)いう飛行機に搭載されているブラックボックスと似たような機能をもつ記録装置から、クラッシュデータを読み出す為の専用機器です。

EDRは今日、走行している多くの車両に導入されています。今後発売される新車にはEDRを搭載した車輌は増え続ける傾向にあり、EDRは、エアバッグシステムまたはその他の車両安全システムの代表的な機能で、衝突時にACM(エアバック コントロール モジュール)内にEDRデータとしてクラッシュデータが記録保存されます。

CDRにより読み出された、クラッシュデータ(事故時の時間・速度・角度・衝撃などの記録数値)により事故解析し分析レポートを作成します。

 

※CDR JapanではCDR機器の直接の販売はしていません。お近くのボッシュ製品販売代理店をご紹介いたします。



モジュール ハードケース(中)

本体外寸:縦(持ち手含む)×横×幅:30(35)×36.5×16.5㎝ 本体重量:約2.5Kg

※ケースのみの販売となります。機器類は付属していません。

※沖縄・北海道・その他離島は別途送料がかかります。ご注文後、別途ご連絡いたします。

¥30,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

モジュール ハードケース(大)

本体外寸:縦(持ち手含む)×横×幅:36.5(41.5)×47.5×19㎝ 本体重量:約3.5Kg

※ケースのみの販売となります。機器類は付属していません。

※沖縄・北海道・その他離島は別途送料がかかります。ご注文後、別途ご連絡いたします。

¥50,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1